医薬品が通販で購入できるようになりました

医薬品には、大別して医療用と一般用の医薬品があります。
医療用は処方薬ともいい、医師の処方がなくては購入できない薬です。
一般用は大衆薬や市販薬ともいい、処方箋は必要なく薬局やドラッグストアなどの店舗で購入できる薬です。

また、一般用に関しては2014年から店舗での販売に加えてインターネット販売も許可されたため、これまで以上に入手が簡単になってきます。
一般用は薬の効果の程度により第一種、第二種、第三種と分かれています。
第一種が一番強い効き目を持ち、第三種が一番弱い効き目を持つ薬です。

一般用は、一般の方が手軽に購入して利用できるようにいずれも安全性に配慮して効き目は抑えられているのですが、それでも種別ごとに異なる効き目になっています。
効き目が強いということは服薬リスクも高くなりますので、本来、第一種と第二種に関しては薬剤師又は登録販売者の管理・指導の下で販売しなくてはなりませんでした。
そのため、今までは大きなリスクがない第三種のみがインターネット通販が認められており、第一種と第二種に関しては対面販売、つまり店舗での販売しか許可されていなかったのです。

しかし、先述したように2014年からは第一種、第二種に関してもネット通販が認められるようになり、消費者が自身のニーズに適した医薬品を手軽に入手できる環境が整ってきています。
ネット通販が利用できれば、時間や場所に関係なく薬を購入することができ、他人の目が気になる薬も抵抗なく購入することができるでしょう。
例えば、店舗の営業時間に間に合わなかった、近くに薬局がないという場合でも問題なく利用でき、足が弱くて買い物に出られないという年配の方でも自宅にいながら買い物ができるのは利点です。

また、あるアンケートによるとインターネットで購入したい薬は、妊娠検査薬やデリケートゾーンの薬などプライバシーが気になる商品ばかりでした。
やはり、こういった薬は人目が気になるものですよね。

一般用薬のネット販売が進めば、他人に知られることなく秘密に購入できるインターネットショッピングの需要はますます高まることが予測されます。
ただ、もちろんネットで医薬品を販売するためには、様々な条件をクリアしている必要があり、どんなサイトでも自由に販売できるわけではありません。
そのため、利用する側も正規に販売しているサイトなのかという確認を行い、安全に購入できるように配慮する必要はあるでしょう。
また、ネット通販では日本では販売されていない海外医薬品の購入ができる個人輸入代行サイトもあります。
効果的な薬を入手する手段はそろっていますので、販売サイト専任の薬剤師に相談をして適した薬を探してみましょう。
さらにネット販売なら経費を削減できるため、その分、安く薬を入手することもできます。
利便性とお得性を兼ね備えたネット通販があれば、今後は薬局やドラッグストアまで出向く必要もありません。

Comments are closed.